商品

小石原焼(福岡県朝倉郡東峰村小石原)

かわ重・小石原焼・イメージ 

“用の美” 使って感じる美しさ

福岡県朝倉郡東峰村小石原、のどかな里山に囲まれたその土地で、約350年の歴史を刻み続けています。
小石原の陶土を原料に、おおらかで優しさのある白の化粧土から現れている紋様は、「飛び鉋(カンナ)」や「櫛目(クシメ)」など伝統的な技法で施されています。

器の見た目だけでなく、料理を盛り付けた際に食材を際立たせる力、配膳や洗い物の際、器を手に触れた時に伝わる軽やかで優しい土味。
この器の魅力はなんといっても、使ってこそ感じる美しさ、“用の美”にあります。

朝のパンから、ワンプレートランチ、ゆったりとした食後のデザートまで、様々なシーンで食卓に充実した食の時間を届けてくれる器です。

 
 
 
 
 

icon用途からさがす